2018年2月アーカイブ

私の両親は、昭和7年生まれの同級生です。

両親は4人の子供を育てるために、一生懸命に農業に汗を流してきました。80歳を過ぎ、父は同じ年齢の方達に比べると、若く元気な方だと思います。しかし、母は数年前から、痴呆の症状が出てきました。調子のいい時とそうでない時で、別人の様に違う時もあります。

先日実家に帰り、母の状態を目の当たりにし驚き、父に話しかけました。

「父ちゃん、きつくない?大変でしょ?もっと、きつくなったら、施設の入所を考えようか」

こう話すと、父はすぐに応えました。

「若い時に、酒飲みの私を支えてくれた母ちゃんだから、今度は私が大事にする番なんだよ。私が頑張れるまでは、頑張るよ。かわいい母ちゃんだから・・・」

私は何も言えず、涙が溢れるばかりでした。私の目標とする、自慢の両親です。

このアーカイブについて

このページには、2018年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。