2015年11月アーカイブ

お帰りなさい

| コメント(0) | トラックバック(0)

お帰りなさい、真央ちゃん。

復帰第1試合で見事優勝。そして2試合目でジャンプが不調だったにも関わらず、ちゃんと表彰台。全然ブランクを感じません。

1年前「ハーフ、ハーフ」で休みに入られた時は、もしそのまま止められても「長い間お疲れ様」と温かく見送ろうと思いながら、真央ちゃんの演技をもっと見たいとも思っていました(こっちのほうが本音かな?)。どちらになっても、真央ちゃんの決断を尊重しようという思いがありました。

だから帰って来てくれて、また真央ちゃんの演技を見ることができ、とても嬉しく思っています。この1年、随分悩まれたことでしょう。『蝶々夫人』のあの切なげではかない表情は、リンクに戻るために真央ちゃんが捨てた、あるいは諦めたものへの思いなのでしょうか?

私にとっては、ワクワク、ドキドキのシーズンが始まりました。真央ちゃんの頑張る姿を見て、励まされ勇気づけられています。

タイムライン

| コメント(0) | トラックバック(0)

私には、大学2年生と支援学校の高等部2年生の息子二人がいます。次男は寄宿舎に入っていますが、卒業に向け木曜日と金曜日には家に帰ってきます。

私は最近副業を初めて、遅くまで忙しくしています。長男はバイトに行く日が多く、家で夕飯を食べたり食べなかったり・・・。飲食店で働いているお陰なのか、台所に立つのも気にならないようで、お腹がすけば自分で何か作って食べているようです。それに甘えてほったらかして、副業を入れています。

次男は近頃、温めて食べるくらいは出来るようになったので、帰ってくる日には、食べる物を作り置きしておきます。

今朝も次男を送り出した後、夜ご飯の為にシチューを鍋で煮ながら洗濯したりと忙しくしていると、長男がシチューを作るのを手伝ってくれました。身体が疲れ切っていて、朝起きるのも辛い日々を送っています。下の子の面倒やら夕飯の支度やら忙しい中、些細な事ではありますが、息子が手伝ってくれるのが嬉しくてうれしくて・・・とても感謝しています。少し前には、夕方から出掛ける私の為に、その日はバイトがないからと大根を煮てくれました。

上手くコミュニケーションが取れない、似た者同士の親子です。何気に感謝している気持ちを伝えたくて、息子の目に留まるようにとタイムラインに、私の友達に息子の自慢をする体裁でこの事を載せておきました。

面と向かうとなかなか素直に伝えられないのですが、感謝の気持ちが息子に届いているといいなと思っています。

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。