チョットいい話

「いい話」に投稿する


弁当箱

「大阪府・クリボ様」から投稿頂きました。

次男は、夜遅くアルバイトから帰ってくる日々を過ごしていました。

お昼ご飯は、私、父親が造る男弁当です。毎日文句も言わず、残さずに食べてくれました。

アルバイトの最後の日のことです。

いつもは弁当箱は洗ってくれていましたが、この日に限り洗わずに置かれていました。

「しょうがないな」と思い、私が洗おうと弁当箱を開けてみると、「毎日ありがとう。おいしかったよ。ごちそうさま」と手紙が入っていました。

短い文章ではありますが、次男の想いがひしひしと伝わってき、胸が熱くなりました。

次男は、仕事で東京に旅立ちました。今日も元気に働いていることと、願っております。

駅広告のお問い合わせはフリーダイヤル0120-10-2055まで
JR・地下鉄・私鉄「関西の交通広告」

バックナンバー

社会貢献活動について