2013年12月アーカイブ

10年くらい前の話です。

当時私は、大手の介護用具店で働いていました。ある日、車椅子を御家族で見にこられたお客様がいらっしゃいました。私は、張り切って車椅子の説明や、介護をする方の負担を軽くする方法等を、講師さながらお話しました。

自分でも、後から考えたら赤面ものでした。

数日後、朝から店長に呼び出されました。何かミスをしたのかと、ドキドキです。

「君は、○○さんという方を覚えている?」と店長から最初の一言。数日前の出来事が、脳裏に浮かびました。失礼な事をしてしまったのかもしれない、説明がうるさかったのかもしれない、そんな思いがよぎりました。

すると、思いも掛けない事を、店長から聞かされました。「その方から、お礼のお電話をいただきました。『あんなに解りやすく説明をうけたのは、初めてだ』と。『あの販売員の方は、貴重な人だ』とも、おっしゃっておられたよ」

あーーー良かったと、ほっと胸をなで下ろしました。どうしても、暗くなりがちな介護です。少しでもお役に立つ事ができたのなら、幸いだと思いました。

話はこれで終わらず、そのお客様はわざわざ本部にまで、お礼のお電話をして下さいました。

それからというもの、店長からのご指名が増え、とても嬉しく忙しく働かせて頂きました。今は違う仕事をしていますが、このお客様のお陰で、仕事にやりがいを感じる事ができました。

お礼を言いたいのは、私の方です。あの時は、ありがとうございました!

自転車に乗って

| コメント(0) | トラックバック(0)

我が家は、夫と私、長女、長男、次男の5人家族です。

夫は平凡なサラリーマンで、楽しみといえば、何かの記念日に安い焼肉食べ放題に、家族全員で自転車に乗って行くことです。

子どもが小さい時は、自転車の前後ろに乗せて走っていくこともありましたが、それぞれ成長し、一人一人自転車に乗って行くようになりました。

誰かの誕生日、クリスマス、結婚記念日などに毎回焼肉食べ放題に行きます。その時の自転車で走る順番が決まっていて、夫、次男、長女、長男、母である私の順番です。夜暗くて危ないのと、5人ともなると1列で走ると最後の人は赤信号でひっかかる可能性もあるので、子供達を夫と私とで挟んで走ります。

長男が中3の夏のことです。「お母さん、先に行って」と言いました。「僕が最後に行くから」と。途中上り坂があって、私は自転車を降りて押さないと登れません。長男に「先に行っていいよ」と言うと、「僕もそんなに早く行けないから」と言って最後尾を守ります。長男の優しさをとても嬉しく思い、頼もしく感じました。

私は家族に囲まれて、幸せに自転車のペダルを思いっきり踏みます。焼肉屋に行く回数が多すぎるのか、私は体重オーバー気味です。

宝物

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、6年前に日本から持ってきた荷物を整理していたら、1対の手袋が出てきました。

これは私の「宝物」特に高価なブランドものではありません。特売で1,000円位で売っているものです。でも、私にとってはどんな高級なブランドものより、価値のある大切な手袋です。

さかのぼること15年前、私はある人材育成の会社に転職したばかりでした。その会社で各企業を周り、人材教育の研修を勧める営業をしていました。 もちろん、私もその会社の研修を経験してからの入社でした。この研修が、私の人生を大きく変えるきっかけにもなりました。

それまでの私の人間像は。仕事だけに目を向けていて、家族の事にはほとんど関わっていなかったと言えるぐらい無関心でした。結婚して子供が生まれても毎日仕事、休みの日は自分の趣味や友達との付き合いを優先していました。帰宅も夜遅くいつも12時を回っていて、朝も早くから出かけてしまい、子供の起きている時の顔をほとんど見たことがありませんでした。今考えると、家庭を持つ資格がない人間だったと思います。

転職した会社で、半年が過ぎようとした12月のある日のことです。帰宅していつもの通りに着替えてから自分の机の上を見た時、包箱が置いてあるのに気付きました。

妻に「この包箱なんだ」と聞くと、「いいから開けて見なさいよ」と促されて、包を開いて中の箱を開けました。中には1対の手袋が入っていました。茶色の柄の毛糸の手袋で、洋服屋の店先に1,000円均一で売っているような手袋です。1,000円くらいの手袋を箱に入れて包装までして、何のつもりなのかと不思議に思い「どうしたのこれ?」と聞くと、妻はこう話し出しました。

「あなた、去年の冬に手袋を無くしたわよね」その前の年に私は、5年間愛用してきたブランドものの手袋を、酒に酔ってどこかに置き忘れてしまっていました。 それから特に新しいものを買うこともなく、過ごしていたのです。

「その手袋は湧太からあなたへのプレゼントなの」 当時7歳だった、次男からのプレゼントでした。 それから妻はこう続けました。

「湧太はあなたが手袋をなくした事を知って、毎月お小遣いの中から50円、100円と貯めていったの」 次男の小遣いは月200円でした。 その半分近くを、私に手袋を買うために貯めていたのです。 最初は妻にも内緒にしていたそうです。 妻がそれを知ったのは、次男から、100円小遣いとは別に欲しいと言われた時だそうです。

なんで必要か聞いたところ、私に手袋を買うためだと言ったそうです。 「お父さんは僕たちの為にお仕事頑張っているんでしょ」 「お父さんが寒い時に手が冷たくなったらかわいそうだから」と。 そして、 妻は次男の貯金箱を見せてくれました。そこには「おとうさんのてぶくろ」と書かれていました。

それを見た途端、涙が溢れてきて止まりませんでした。 自分のしてきたことを振り返り、妻や子供に申し訳なかったと心のそこから思いました。

家庭をかえりみない夫や父親であったのに、子供は私の事を考えてくれていました。こんなに心の優しい子に育ててくれた妻にも、心から感謝をしました。 私は、本当になんて愚かだったのだろうと気づかされました。

自分の事を想ってくれている心、身近な人が一番強いということを気づかなかったり、忘れてしまったりしがちです。 この手袋を見るたびに、その気持ちを思い起こします。 私にとってこの手袋は、どんな高価なものにも代え難い宝物なのです。

「人はひとりでは生きていけない、人は決してひとりぼっちじゃない、感謝の心があれば」

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。