2013年11月アーカイブ

和菓子屋さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、ある和菓子屋さんで買い物をしました。

そのお店は、以前は我が家の近くにも店舗を出しており、私も幼少の頃には祖父母に連れられてよく銘菓を買い求めたものです。この店舗で昔働いていらっしゃった店員のOさんに、先日訪れた別の店舗で偶然お会いしたのです。

私は御供え用にお菓子を買おうとしており、他の店員さんに熨斗を書いてもらうために会計を待っていました。

暫く待っていると、Oさんがどこかから戻って来られました。そして、熨斗に書かれた名前を見て「ああ、●●さんですね」と話しかけて下さったのです。

家族から聞いた話ですが、私が生まれて初めて口にしたはっきりとした言葉は、この和菓子屋さんの銘菓の名前でした。それほどに愛着のあるお店でしたから、この和菓子屋さんは私にとって特別に感じられるのです。私がもう少し大きくなった頃、Oさんは別の店舗へ移られたようで、お会いできる機会もなくなってしまいました。

その後10年以上経った頃、この別店舗を利用した際にOさんがいらっしゃることを知り、今もお元気でいらっしゃる姿を目にしました。私のことを覚えていて下さっているとは思いもしませんでしたので、今回お話ができて嬉しさが倍増しました。

わずかな時間でしたが、Oさんは私も覚えていないような懐かしい話をして下さいました。我が家に届けに来て下さったこともあったそうで、その時のことを思い出しながら話して下さいました。また、私の祖父母のことも気にかけて下さり、嬉しく温かい気持ちになることができました。

最後に「また来てくださいね」と声をかけて頂き、お会いできた喜びも一入となりました。 是非またお店を利用し、今度はもっとお話しできたらと思います。我が家の近くにあった店舗は半年ほど前に閉店してしまいましたが、この店舗に立ち寄る楽しみができました。

これからも、家族でよく頂くこのお菓子屋さんの味を、大切に味わせて頂きたいなと思います。

バイク旅行

| コメント(0) | トラックバック(0)

2013年、田中将大投手の大活躍により東北楽天イーグルスは、球団創設初となる日本一となりました。田中投手というと思い出す、僕には忘れられない出来事があります。

田中投手と斎藤投手が甲子園をわかしていた、2006年のことです。当時、地元(大阪)の友達とルームシェアをして、東京に住んでいました。その夏に思いつきでバイクで北海道まで行こうという話になり、各々250ccのバイクにまたがり、北海道まで旅立ったのです。

無計画で無謀な旅、やはり不測の事態が起こります。

小さなバイクで睡眠時間も削り走り続け、なんとか北海道まで辿り着いたのですが、蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山の中腹で、突然僕のバイクのエンジンが停止したのです。そんな所に、バイク屋などあるはずもありません。既に時刻は夕暮れ時で、僕たちは途方に暮れました。

バイクの後ろには荷物を積載していて、二人乗りをするわけにもいきません。友人がバイクで一人、僕のバイクを運んでくれる人を探しに行ってくれました。なかなか通らない通行車に片っ端から話かけ、辺りもすっかり暗くなった頃、バイクの運送屋さんを見付けて連れて来てくれました。

寂しい財布の中から現金でバイクの運送費を捻出したのですが、運送屋さんに足下を見られ、高い運送費を請求されてしまいました。友人は自分のことのように怒り、必死で値段交渉をしてくれました。そのお陰でなんとか金額が下がり支払うことができ、無事バイク屋に到着しました。結局、エンジンオイルが漏れ続けていて、エンジンが焼け付く一歩手前だったことが判明しました。

バイクを修理してもらい、明朝には岩手県にあるスーパー銭湯に到着。昼寝用に設けられたスペースで、TVには甲子園の決勝戦が映し出されていました。大活躍の田中投手をぼんやり眺めながら、そのまま泥のように眠ったのです。

田中投手を見ると、この出来事を思い出します。あの時、必死で運送してくれる人を探してくれ、本気で怒って値段交渉してくれた友人に、今でも感謝しています。

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。