チョットいい話

「いい話」に投稿する


小学生時代の思い出

「大阪府・N.K様」から投稿頂きました。

随分昔の話です。

私が通っていた小学校は、二階建ての木造校舎でした。国語の本はカタカナで、一年生の時に「テフテフ ガ トンデイマシタ」の「テフテフ」をそのまま読んでしまい、先生に「『チョウチョウ』と読むのですよ」と教えて頂いたのを、今でも鮮明に覚えています。

また、五年生の時の学芸会では、木琴で荒城の月を演奏した事もハッキリと記憶に残っています。今でもその曲が大好きで、弾くことがあります。昔の唱歌が無くなっていくのを、寂しく思います。

寒い冬でも運動場で、かけっこ・馬跳び・縄跳び・ゴム跳び・手まり・押しくらまんじゅう等をして、一杯走り回っていたのを思い出します。

あの頃の思い出は、今も色あせる事無く、私の中に残っています。

駅広告のお問い合わせはフリーダイヤル0120-10-2055まで
JR・地下鉄・私鉄「関西の交通広告」

バックナンバー

社会貢献活動について