2009年12月アーカイブ

お巡りさん

| コメント(0) | トラックバック(0)

地下鉄天王寺駅での出来事です。

改札を出て地上への階段を上っていると、旅行カバンやバック等たくさんの荷物を持って四苦八苦している、80代ぐらいのおばあさんに出会いました。

手助けしたいと思ったものの、約束の時間に間に合いそうになく大変急いでいたので、そのまま先に階段を上がってしまいました。

地上に出たところで、ちょうどお巡りさんが歩いておられ、「少し時間いいですか?」と声を掛けました。
おばあさんの事をお話しすると、「分かりました!」と爽やかに走って階段を下りていかれました。

見届けたかったのですが、時間が気になりその場を離れました。

私の話に気持ち良く、そして迅速に対応して下さったお巡りさんに、感謝!です。

素敵な温泉宿

| コメント(0) | トラックバック(0)

岐阜県中津川市の山奥に、古びたランプの温泉宿があります。その宿に友達と泊まりにいった時の話です。

自家発電なので夜の10時を過ぎるとランプに変わり、その様子がとても神秘的で風情があります。40歳前後のご主人と女将さん二人で切り盛りされている、アットホームな雰囲気の宿です。

女将さんが「○○さんあれやって」と優しい口調と笑顔で、ご主人を呼ぶ姿がとっても可愛くて、「素敵なご夫婦だな〜」と宿を訪れた最初のうちから感じました。
ご主人は大きな体格で肉体派なのに対して、女将さんはモデル並のスタイルで、しかも美人な方です。

夜になると私達が退屈しないように、囲炉裏の周りで一緒にゲームをして下さったり、大きなスクリーンを壁に張って映画を上映して下さったりと、もてなし方も素晴らしい宿です。囲炉裏を囲んでお二人とお話しながら、とても楽しい一夜を過ごしました。 その時に聞いた女将さんのお話が、これまた素敵な内容でした。

クリスマスイブの夜には、ご主人が外でチリンチリンと鈴を鳴らしていらっしゃったそうです。翌朝お子さん達が、「夕べ鈴の音がした!」と嬉しそうに言いながら外へ出てみると、雪の上にソリの跡がしっかり残っているのです。ご主人の演出で、お子さん達は随分大きくなるまで、サンタさんはいると信じていいらっしゃったそうです。

お二人の人柄を表す温かいお話しに、心まで癒されました。それと同時に、家に置いてきた息子達を思い出し、旅行に行く私を気持ちよく送り出してくれた夫に改めて感謝したのでした。

細部まで気の利いたお二人のおもてなしと、温かなお話で、友達との温泉旅行はとても素晴らしいものになりました。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。