チョットいい話

「いい話」に投稿する


初めて大阪に来た日

「東京都・いろはん様」から投稿頂きました。

初めて大阪を訪れた日の事です。

いつかは行ってみたいと憧れていた大阪。それなのに、大阪に着いた日の私は、かなりブルーでした。

夜行バスを降りてすぐに足をくじいてしまい、真っ先に観光に行くはずが、まず最初に向かったのは病院だったのです。

病院での治療を終えて沈む気持ちと共に、いつになく重く感じる荷物をひきずりながら、観光を諦めホテルまでの道を歩いていました。駅から歩いてすぐのところに、たこ焼き屋さんがありました。店先ではおばあちゃんが、たこ焼きを焼いていらっしゃいます。

おばあちゃんは、荷物を引きずって歩いている私を見て、
「どこから来たの〜?」
と、親しげに声を掛けて下さいました。 見知らぬ人に話し掛けられて少し驚いたものの、
「東京からです」と答えると、
「わざわざ東京から来てくれたんやね〜」
と、とても優しい笑顔でおっしゃって下さいました。

そのおばあちゃんの笑顔に、前の年に亡くなった祖母を思い出しました。

かなり凹んでいましたが、おばあちゃんの一声に元気を頂きました。
大阪って、なんていい所なんだろう!と感じた出来事でした。

駅広告のお問い合わせはフリーダイヤル0120-10-2055まで
JR・地下鉄・私鉄「関西の交通広告」

バックナンバー

社会貢献活動について